ニューヨーク・ワクチンツアー(株式会社ビュート)

ニューヨーク・ワクチンツアー

一足早く、ニューヨークで新型コロナウィルスのワクチン接種を受けてみてはいかがでしょうか。

日本における接種のスピードは、5月の下旬になってからようやくアップしてきましたが、それでも一般成人は自治体によっては開始が8月中旬以降までずれ込む見込みです。

一般成人への接種が開始されても、高齢者開始時のような予約殺到の混乱も懸念され、いつ予約ができるのか、そしていつ接種することができるのか、残念ながらまだ見込みがたたない状況です。

ニューヨーク市だけなく、マイアミ、ダラス、シアトルなどでも、米国外も含む州外在住者へのワクチン接種が開始され、ワクチン接種を目的とした「ワクチン・ツアー」が、主にカナダ、中南米の人に人気となっています。

日本人にはこの「ワクチンツアー」あまり知られていませんでしたが、メディアに取り上げられた事をきっかけに、関心が高まってきています。

ご注意

アメリカ合衆国(米国)では、各州政府の保健当局が新型コロナウイルスのワクチン接種を行っています。

ニューヨーク州においてワクチン接種を受けることができるのは、「ニューヨーク州民」となっていますが、ニューヨーク市では、事実上のワクチン接種を組み合わせた観光促進策として、州外、そして米国外に居住しニューヨークを訪れる観光客に対してのワクチン接種を開始しました。

しかしながら、この州外・米国外住民に対するワクチン接種は、公式に明文化され、期間を決めて行われているものではなく、事前の予告なく中止となる可能性があります。

その為、当ワクチンツアーの日本代理店、現地催行会社は確実なワクチン接種を保証するものではありませんので、予めご了承ください。

NYワクチンツアー4つのメリット

Point

1

日本語係員が
安心のサポート

ニューヨークでは日本語係員による空港・ホテルの専用車による空港送迎、ワクチン接種会場へのご案内とサポート、日本帰国の為のPCR検査サポートが含まれています。

急な体調の変化、事故などの緊急時には、現地にて24時間つながるサポートダイヤルにご相談いただくことも可能です。

また、ニューヨークでご案内するのは、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した、日本語ドライバーガイド、日本語ガイドがご案内します。

安心して日本をご出発、ニューヨークでのワクチン接種に臨むことができます。

本ワクチンツアーでは、ジョンソン&ジョンソン製のワクチン接種会場へご案内いたします。

日本には現時点では輸入されていませんが、主に北米で使用されており、米国では870万回接種されています。

このワクチンの大きな特徴は、ファイザーやモデルナ社等の他の新型コロナウィルス・ワクチンと違い、1回のワクチン接種で済むということです。

それにより2回目の接種のために数週間の滞在をする必要がなく、短期の旅行者にも接種が可能となっています。

日本では2021年5月24日にワクチン製造販売許可が厚生労働省に申請され、順調にいけば2022年初頭より日本へのワクチン供給が可能になります。

 

Point

2

ジョンソン&
ジョンソン製

Point

3

確実な日本帰国
PCR検査と証明書

日本に再入国するにあたり、PCR検査の陰性証明書の提出が必要になります。

一層の水際対策の強化により、検体採取の方法など日本側の要件にそったPCR検査を行っているか、陰性証明書に不備がないか、大変厳しくチェックされるようになっています。

日本人であっても、このPCR検査の不備により、日本入国が拒否された人もでています。

その為当ワクチンツアーでは、日本側PCR検査の要件を正しく理解、要求された書式で確実に陰性証明書を発行できる日系のクリニックをご紹介、その検査・陰性証明書発行手数料も料金含まれています。

※日系クリニックで予約が取れない場合は、確実に日本政府規定を満たす証明書を発行できる、米系のクリニックを利用します。

ワクチンツアーがメディア等で取り上げられ話題になり始めた頃から、他社やネットの情報を参考に造ったという商品も見かけられます。

当ワクチンツアーはそういった商品とは一線を画し、企画・販売する商品の信頼性を高める為、実際にスタッフを日本から現地ニューヨークへ派遣し、ワクチン接種を完了しました。

その実体験を元に、ワクチンツアーの造成を行っていますので、その情報量の多さ、正確さが他社類似商品と違います。

Point

4

スタッフが
実際に体験

NYワクチンツアー行程表

1日目

JFK空港からホテルへ

JFK空港に日本航空(JAL)、または全日空(ANA)の直行便で到着。

日本語ドライバーガイドが、JFK空港の入国審査、税関検査を終えた後、下記の待ち合わせ場所にてお待ちしています。

  • JAL利用:JFK空港ターミナル1「Passenger Pick Up A」看板下
  • ANA利用:JFK空港ターミナル7「Passenger Pick Up A」看板下

お客様だけの専用車にて、マンハッタンのご宿泊ホテルまでご案内いたします。

ホテル到着後、チェックイン手続きのお手伝いをさせていただきます。ホテル到着がチェックイン時間前の場合は、お部屋のご利用は原則チェックイン時間以降となります。

このパッケージには日本からの航空券は含まれておりません。

日系航空会社で直行便を運行し、午前中にニューヨークに到着する日本航空(JAL)、全日空(ANA)を、別途ご手配ください。

ユナイテッド航空等その他の航空会社をご利用の場合は、若干の日程のアレンジで対応可能ですのでお問合せください。

ホテルよりワクチン接種会場へ

ホテルロビーにて日本語ガイドと待ち合わせ、ワクチン接種会場まで徒歩、または地下鉄等公共交通機関を利用してご案内いたします。

ワクチン接種会場では、日本語ガイドがワクチン接種時の手続き、質問の受答え等のお手伝いをします。

ワクチン接種完了後、徒歩、または公共交通機関を利用してホテルまで戻ります。

POINT

ニューヨークでご案内するのは、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した、日本語ドライバーガイド、日本語ガイドがご案内します。

空港・ホテル間の送迎は、お客様1組ごとの専用車をご用意します。

ワクチン接種完了後、その場でCDC(アメリカ疾病予防管理センター)発行の「COVID-19 Vaccine Record Card(ワクチン接種記録カード)」が発行されます。また、15日後にオンラインでニューヨーク州の電子ワクチン接種証明書「エクセシオール・パス」の申請が可能になります。

宿泊ホテル:スタンダードクラスホテル 又は スーペリアクラスホテル  / 食事:なし

スタンダードクラス:ミレニアム・ブロードウェイ・タイムズスクエア 又は同等ホテル
スーペリアクラス:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 又は同等ホテル
2日目

ワクチン接種予備日

飛行機の遅延等、何らかの理由により1日目にワクチン接種を受けることが出来なかった場合、この日にワクチン接種を行います。

この場合、1日目と同様に日本語ガイドがホテル・ワクチン接種会場へのご案内、及び接種会場でのサポートをいたします。

1日目に予定通りワクチン接種を終えた場合は終日自由行動となります。

POINT

ワクチン接種の予備日を設けています。

飛行機の遅延などで万が一、1日目にワクチン接種ができなかった時の為に安心です。

宿泊ホテル:スタンダードクラスホテル 又は スーペリアクラスホテル / 食事:なし

3日目

日本帰国の為のPCR検査日

日本帰国の為のPCR検査を行い、新型コロナウイルスの陰性証明書を取得します。

日本語ガイドがホテルへお迎えにあがり、徒歩、または公共交通機関を利用して、PCR検査を行うクリニックへご案内します。

検査を完了して日本政府指定書式の陰性証明書を受領確認後、ホテルまでご案内します。

利用予定のクリニックは日曜日が休診のため、3日目が日曜日にあたる場合は、2日目にPCR検査を行います。

POINT

水際対策の強化により、日本入国時に提出する陰性証明書の確認が厳格化されています。

陰性証明書の書類不備、要求される検体取得方法の違い等により、日本への再入国拒否も発生しています。

その為当パッケージでは、確実な検査、日本国政府の要求する陰性証明書の取得のため、日系のクリニックで検査を行います。

検査結果の判定、及び陰性証明書の発行は約1時間で完了する、エクスプレスサービスを利用します。

※日系クリニックで予約が取れない場合は、確実に日本政府規定を満たす証明書を発行できる、米系のクリニックを利用します。

宿泊ホテル:スタンダードクラスホテル 又は スーペリアクラスホテル / 食事:なし

4日目

ホテルからJFK空港へ

日本語ドライバーガイドがご宿泊ホテルまでお迎えにあがり、専用車にてJFK空港までお送りいたします。

空港チェックインカウンターにて、搭乗の手続きをお手伝いいたします。

JFK空港より日本航空(JAL)、または全日空(ANA)直行便にて、日本へ出発。

日本に到着は翌日の夕方になります。

(例:6月15日に出発した場合、日本到着は6月16日の夕方)

POINT

ワクチン接種15日後より、ニューヨーク州の電子ワクチン接種証明書「エクセシオール・パス」の申請が可能になります。

申請は米国外から行うことができませんので、当社にて代行申請を行い、発行されたパスを画像ファイルとして送らせていただきます。

よくある質問(FAQ)

いいえ、このパッケージは「ランドパッケージ」になり、日本からの航空運賃は含まれていません。

ご自身、またはお申込みの旅行会社にて、ニューヨークまでの航空券をご手配ください。

その際、直行便で午前中にニューヨークに到着する日本航空(JAL)、または全日空(ANA)で手配を行ってください。

ユナイテッド航空も直行便を運行していますが’、到着が夕方になり、空港はニュージャー州側のニューアーク空港になります。

ご都合によりユナイテッド航空をご利用になる場合は、お申込みの前に一度お問合せをください。

デルタ航空、アメリカン航空は現在ニューヨークまで直行便を運行していません。

航空機の遅延等により乗継ができずに到着が翌日になるなど、直行便と比較してリスクが高くなりますので、直行便のご利用をお勧めします。

ワクチンの接種は無料となっています。

当パッケージでご案内しているのは、1回の接種のみで終了するジョンソン&ジョンソン社のワクチン接種会場のみとなっています。

ワクチン接種はニュウーヨーク州、及びニューヨーク市当局によって行われており、当社、及び現地手配会社は、ワクチン接種のサポートのみ行っています。

現時点ではアメリカ合衆国、またはニューヨーク州在住者以外の、日本、その他国外からの旅行者にもワクチン接種が行われていますが、当局により予告なく国外旅行者に対する接種が終了する可能性があります。

米国内で接種完了時に取得できるCDC(アメリカ疾病予防管理センター)発行の「COVID-19 Vaccine Record Card(ワクチン接種記録カード)」は、現状アメリカ国内でのみ有効となっております。

日本を含む海外にて同カードが接種証明として利用いただけるかは現状不確定、公式な発表が待たれております。

現地アメリカでは「欧州連合(EU)は2021年夏からワクチン接種した人に限定してアメリカ人観光客を受け入れる」と報道され、CDC発行の ワクチン接種記録カードを有効とする方法が有力と報道されております。

ワクチン接種15日目以降に申請が可能になる「エクセシオール・パス」は、ニューヨーク州が発行する電子ワクチン接種証明書ですが、現時点では、ニューヨーク州内のみ有効となっています。

エクセシオール・パスとは、ニューヨーク州が発行する電子ワクチン接種証明書ですが、現時点では、ニューヨーク州内のみ有効となっています。

パスには名前、生年月日、ワクチンの有効期限日(接種から1年間)、これらの情報を読み取るQRコードからなっています。

日本在住者の方はニューヨークを訪れた時以外、エクセシオール・パス利用する機会は、残念ながら今のところ無いと思います。

エクセシオール・パスは、ニューヨーク在住者でも、州内で行われるイベント入場の際に使用する程度、まだこのシステムは発展途上であり、これからの有効な利用方法・機会の増加が期待されています。

エクセシオール・パスの申請を行うWEBサイトは、米国外からアクセス制限がかかっており、お客様が帰国後申請を行えない為、当社にて接種より15日以降に代理申請を行い、発行されたパスの画像ファイルを送らせていただきます。

一般的にエクセシオール・パス・ウォレットという専用アプリの中にパスを保存して利用しますが、その専用アプリはGoogleアカウント、Apple IDが米国アカウントの方 以外インストールすることはできません。

iPhoneユーザーの方はアップル・ウォレットに米国アカウントの方は保存できますが、日本等米国外アカウントの方は保存することができません。

その為、スマートフォンのウォレットアプリを利用する代わりに、パスを紙にプリント、または画像ファイルをスマートフォンに保存して提示して使用することになります。

はい、現時点では日本国籍同様、韓国製等、国籍に関係なく、ニューヨークにてワクチン接種が可能です。

はい、空港ホテル間の送迎を担当する日本語ドライバーガイド(運転手兼ガイド)、ワクチン接種会場、PCR検査クリニックへご案内する日本語ガイド、ともに新型コロナウィルスのワクチンを接種を終えているスタッフが行います。

はい、可能です。ご希望をお伝えいただければ、料金をお見積りさせていただきます。

はい、新型コロナウィルスワクチン接種を完了していても、未接種の方と同様に、日本帰国後の14日間の自主待機が必要です。

※6/1付けの新たな水際対策措置が決定され、ニューヨーク州からの日本帰国者は、6/4 午前 0時より、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機が義務付けられました。

ホテルがどこになるかは未定、3日間の宿泊費用・全食事代は公費となります。

その後の自主待機期間はこの3日間を引いた11日間となります。

ニューヨークまでのロングフライトによる疲れが心配という方は、ワクチン接種を到着翌日の2日目にすることも可能です。

この場合、ワクチン接種後の副反応による発熱の可能性もありますので、1延泊をされて3日目を休息日にし、4日目をPCR検査、5日目に帰国するという日程にされる事をお勧めします。

お客様のご希望によるアレンジが可能ですので、お気軽にご相談ください。

はい、可能です。

しかしながら、ホテル3名1室利用のご利用のお申込みは承っておりませんのでご了承ください。

3名様でお申込みの場合は、2名1室で申し込みフォーム送信後、1名1室で再度お申込みください。

米国が現在中国を含む一部の国からの入国を、米国市民権、永住権所持者を除き禁止しています。

過去14日以内に中国、インド、イラン、ブラジル、南アフリカ、欧州シェンゲン域、英国、アイルランドに滞在歴ある旅客は米国へ入国できません。

これは現在それらの国に滞在する日本国籍の方も同様に、入国禁止の対象になります。

日本国籍の方は一度日本へご帰国いただき、日本で15日以上滞在していただいてから米国へ渡航いただく必要ございます。

最新の情報は以下のCDCのサイトを参照ください。

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/from-other-countries.html

NYワクチンツアー料金表

スタンダードクラス・ホテル 利用
1名様で参加(1名様1室)お1人様 400,000円
2名様で参加(2名様1室)お1人様 350,000円
3名様で参加(2名様1室 + 1名様1室)お1人様 350,000円
4名様で参加(2名様1室 x 2部屋)お1人様 350,000円
5名様で参加(2名様1室 x 2部屋 + 1名様1室 x 1部屋)お1人様 300,000円
6名様で参加(2名様1室 x 3部屋)お1人様 300,000円
7名様で参加(2名様1室 x 3部屋 + 1名様1室 x 1部屋)お1人様 250,000円
8名様で参加(2名様1室 x 4部屋)お1人様 250,000円
スーペリアクラス・ホテル 利用
1名様で参加(1名様1室)お1人様 470,000円
2名様で参加(2名様1室)お1人様 370,000円
3名様で参加(2名様1室 + 1名様1室)お1人様 370,000円
4名様で参加(2名様1室 x 2部屋)お1人様 370,000円
5名様で参加(2名様1室 x 2部屋 + 1名様1室 x 1部屋)お1人様 350,000円
6名様で参加(2名様1室 x 3部屋)お1人様 350,000円
7名様で参加(2名様1室 x 3部屋 + 1名様1室 x 1部屋)お1人様 300,000円
8名様で参加(2名様1室 x 4部屋)お1人様 300,000円

料金に含まれるもの:

ホテル宿泊料金(3泊)、JFK空港・宿泊ホテル間の日本語ドライバーガイドによる専用車往復送迎、ワクチン接種会場への日本語ガイドによるサポート、PCR検査クリニックへの日本語ガイドによるサポート、日本帰国用のPCR検査料金及び陰性証明書発行料、現地24時間緊急電話対応

料金に含まれないもの

日本・NY間の往復航空券、食事飲物代金、日本出発前PCR検査料金、日本帰国後の自主待機料金、旅行傷害保険、その他行程に含まれない費用

利用ホテル:

スタンダードクラス・・ミレニアム・ブロードウェイ・タイムズスクエア 又は以下のホテル
ハンプトン・イン・タイムズスクエア・ノース、ヒルトン・ガーデン・イン・セントラルパーク・サウス、ハンプトン・イン・タイムズスクエア・セントラル・ホリディ・イン・NYC・タイムズスクエア

スーペリアクラス・・ウェスティン・ニューヨーク・アット・タイムズスクエア 又は以下のホテル
インターコンチネンタル・バークレー、ウェスティン・グランドセントラル、インターコンチネンタル・タイムズスクエア、Wタイムズスクエア

注意事項

  • 本ツアーには日本・ニューヨーク間の往復の航空券は含まれません。各自お手配をお願いいたします。
  • お申し込みは20歳以上の健康な基礎疾患のない成人の方に限らせていただきます。
  • 米国入国にはESTA(エスタ、電子認証システム)の登録が必要になります。お客様ご自身にて必ず申請を行い、米国入国の事前許可を受けてください。 ESTA申請公式サイト:https://esta.cbp.dhs.gov/
  • 米国への入国にはPCR検査の新型コロナウィルス陰性証明書の取得が必要となります。この検査は出国3日前以内に検査されたものである必要があります。
  • ホテルのお部屋のベッド数はリクエストベースとなり、確約ではありません。また、バスタブなしのお部屋になる場合もございます。
  • ホテルのチェックイン時に、クレジットカードの提示、登録が必要となります。クレジットカードをお持ちでない場合は、現金によるデポジット(預け金)が必要となります。
  • JFK空港の規制状況によっては到着ロビーまでお迎えに行けない可能性がありますが、その際にお電話(日本語)にて待ち合わせ場所をご連絡させて頂きます。
  • 旅行傷害保険のご加入を強くお勧めいたします。米国の治療費は大変高額になっています。
  • ワクチン接種後でも日本帰国後の自宅等で14日間の自主待機は必要となります。自主待機場所までの移動には、公共交通機関を利用することはできません。

免責事項・取消料

TRANS M.A.P.P. Inc.(米国法人)の催行するニューヨーク・ワクチンツアーに参加するために旅行代理店にその手配を依頼するに当たり、ニューヨーク市が公表しているワクチン接種に伴う副反応の危険性を理解したうえで、催行会社、販売代理店及びそれらの従業員の故意又は重過失による場合を除き、下記の一切の損害につき御社に法的及び道義的責任のないことに同意します。

  1. ワクチン接種による副反応による損害
  2. ツアー参加中の新型コロナ感染等、疾病等に伴う損害
  3. 日本国内及び米国でのPCR検査結果陽性に伴う損害 (日本での出発前陽性によるキャンセル・日程変更に伴う取消料等の費用は免除されません)
  4. ワクチン接種ができなかったことによる損害( ニューヨーク州のワクチン接種要件の変更、ご体調不良等理由に関わらず)

ワクチンに関するページ:
https://www1.nyc.gov/site/coronavirus/vaccines/covid-19-vaccines.page

副反応に関する説明:
https://www1.nyc.gov/site/doh/covid/covid-19-vaccine-facts.page?article=collapsible17

取消料
お申込みより7日前まで旅行代金の20%
6日前より3日前まで旅行代金の50%
2日前以降旅行代金の100%

上記の日にちの計算には、土曜、日曜、祝日を除いて計算することとします。

ニューヨーク・ワクチンツアーのお申込みはこちらより

お問い合せ

個人・法人のお客様・・株式会社ビュート

電話:043-273-7123 / otoiawase@bute.co.jp 

旅行代理店・メディアの方・・株式会社エフネス(総代理店)

お問合せフォーム

テレワークを実施しています。お問合せフォームよりご連絡ください。

ワクチンツアー催行会社

Our Story

Trans M.A.P.P. Inc.(商号:トランスオービットUSA)は、株式会社トランスオービットの海外進出第1号として1981年6月ロスアンゼルスに設立されました。

設立以来のメインビジネ スの1つであるランドオペレーター業は、大手旅行会社からアメリカ各都市のホテル、日本語ガイド、送迎バス、食事等の手配を受託し、訪米する日本人旅行者が安心して快適に楽しく過ごすお手伝いをします。

その為、日本人旅行者に対する高いサービススキル、確実な手配のノウハウを有し、設立依頼40年に渡り、電鉄系をはじめとする多くの大手旅行会社と取引をさせていただいております。

当社では、旅客輸送業ライセンスを持ち、大型バス2台、小型バス2台、バン25台とセダン4台による旅客輸送業まで の一貫した運営とサービスの提供を行っております。

ロサンゼルスの他、日本人旅行者の増加、多様化に伴い、サンフランシスコ、ラスベガス、ハワイそしてニューヨークに支店網網を拡大いたしました。

また、従来のランドオペレーター業に加え、主にアメリカ在住の日本人をターゲットにする一般旅行業、ナビツアーUSAを開始、アメリカ各都市発の日本行き 格安航空券などの販売を行っています。

このナビツアーでは、他国のIATA公認代理店に相当し、高い旅行に関する専門知識と健全な財務内容の要求され る、ARC公認代理店として認可を受けております。

2000年代に入ってからは、インターネットの急速な発展を受け、2006年には各国のグループ会社とより連携を深め、世界各国のオプショナルツアー・アクティビティを販売するサイト「トラベルドンキー」を立ち上げ、ハワイを中心に高い人気を誇っています。

今回このワクチンツアーが実施されるニューヨークには、自社スタッフが駐在し、流動的なワクチン接種に関して最新かつ確実な情報の取得に努め、お客様のサポートとバックアップに万全の体制を引いています。

日本のお客様のニューヨークご訪問を、スタッフ一同お待ちしております。

Our Mission

私たち、トランスオービット・グループのミッションは、「世界をつなぐ」。

30年以上に渡る日本とアメリカ、オーストラリア、カナダ等の海外各国とのビジネスにより積み上げた高い知見、専門性、情報力、そして何よりも人財。

これらのトランスオービット・グループの財産を生かし、日本と各国を、片側通行にならず、双方向での人、物、文化、社会をつなげることを目指して社会貢献に積極的に取り組んで参ります。

会社名Trans M.A.P.P. Inc.(商号:Trans Orbit USA)
所在地18726 S. Western AVE STE 405 Gardena CA 90248
設立1981年
資本金1,787,000米ドル
登録カリフォルニア州旅客輸送業ライセンス
ニューヨーク州旅客輸送業ライセンス
連邦旅客輸送業ライセンス
ARC航空券発券登録業者